2017年12月02日

小説「シンザト・ケネフ・フランクリンに復讐を!」

て、もはなはだしく過疎化しているブログなので好きな事を書きます。昨年の5月22日にこの裏ブログでも取り上げた【リンク】 元米軍属シンザト・ケネフ・フランクリン。

の罪も無い20歳の女性を強姦し殺害、死体遺棄の罪を重ねた "piece of filth" (汚物野郎)。

で頭を殴り、首を絞めた上で首をナイフで刺していながら…「被告の目的は強姦で、暴行は気絶させるため。殺害するつもりはなかった」と主張した汚物と弁護士。

覇地裁は無期懲役の判決を出しだようだね。日本は弱いね。
image
になったのはふたつ。この犯人 "Kenneth Franklin Shinzato" の名前を検索しても 15,000件ぐらいしかヒットしなかった事。

決が出てから、BBC.com USATODY.com NYTIMES.com CBCNEWS.com など大手メディアが取り上げているが…先週は、 The Japan TimesStripes.com だけだった…ほとんど外国に向けてこの事件が発信がされてなかったのよね。

うひとつ気になったのが、シンザト・ケネフ・フランクリンの法廷での態度。法廷で「頬づえをついていた」という被告の態度を沖縄タイムスは書いている件。

ずは、後者の法廷での態度。まぁアメリカの司法の下ならなんら不思議ではない。日本の法治主義はレベルが低いわな。アメリカの法治主義は「有罪」か「無罪」を判断する場で…反省など必要がないから。

省」の有無を判決理由に与すると…冤罪が生まれるから。「痴漢冤罪」なんか正にそれだね、否認=反省していない という馬鹿な思い込みが未だに残っている法廷。

なき者が無罪を主張すると裁判官から良い心証を持たれない。 んな馬鹿な話があるかい。だから日本の裁判は世界から中世レベルと言われるのよ。

もそも「反省」しているなら裁判なんか必要はないんだよ。刑罰だけを決めればいい話。だからアメリカ人は「殺人罪」でも無罪を主張するワケ。これが世界レベルの法治社会の在り方なんだけどね。

道について…この痛ましい事件を世界に周知させるためにも

求刑も判決も死刑にすべき だったね。

うせ控訴されるだろうし…ね。少なくとも「死刑判決」が出ればもっと世界で事件が報道されるってもんだ。

ぁ最高裁で「死刑」になればアメリカも黙っちゃいないだろう。

じゃぁどうすりゃ良いかって…?



逃がすんだよ!! 銃を持たせって…ね


で、射殺するわけ(笑)

りゃいくら死刑制度に反対する先進国でも「銃を持って逃走する犯人は射殺してオッケー」だから。

ぁ脚本書きのはしくれのアイデアだと思ってくださいな。面白い脚本になりそうじゃない?

image

ura1300000 at 15:21|PermalinkComments(0)

2017年11月11日

猟奇天国…伝説の漫画「喜劇新思想大系」

image奇的な事件の報道を見て…ある漫画を思い出したのよね。

れが…山上たつひこ先生の傑作中の傑作
喜劇新思想大系 のあるエピソード。

劇新思想大系」は1972年から漫画誌に連載されたエロ・グロ・ナンセンス・ギャグ漫画の金字塔。

して、1970年代に大ヒットした山上先生の「がきデカ」の原点でもある。いや、むしろ「がきデカ」は「喜劇新思想大系」の希釈版…だと思う。

イラがこの漫画を知ったのは、1976年刊行の秋田文庫版の同作と「続」「続々々々」と続くシリーズ。小学校の頃だったな。いつもこっそり立ち読みをしていた。あまりの内容なので、やっと一巻だけ買ったのは中学生になってからだった。まるでエロ本を買う様な感覚だった。

イラのトラウマにもなった作品なのね。だから内容までハッキリ覚えている。

て、冒頭に書いたエピソードというのが…1973年の5月に発表された「猟奇天国」という作品ね。

院している女性の患者が次々に失踪する隅田川外科。この患者たちは院長夫婦に惨殺されているのだが、この医院の息子がまたヤバい。

を切り刻みたいという妄想に明け暮れ…動物を切り刻んでその内臓にまみれて自慰をするという変質者。

imageimageの作品の凄いのは…猟奇性を通り越して
「ギャグ」になっている事なんだな。

にギャグ漫画でこのエピソードを描く事で…不気味なリアルさが生まれてくるのよね。

奇的な事件の最中なので…あまり書かないけど…、1973年に…現代に通じる猟奇性が描かれているとは…やはり、山上たつひこ先生は凄いな。

ura1300000 at 06:13|PermalinkComments(0)

2017年11月02日

「IT (イット) “それ”が見えたら、終わり」と「ストレンジャー・シングス」

日からスティーヴン・キングのホラー小説 " IT -イット-" の再映像化作品が公開される。

image1990年のテレビシリーズのリメイクなんですけどね。
日本の広報では「 IT/イット “それ”が見えたら、終わり」になってますが…まるで我々エロ業界の標語 みたい。

当なら…「 IT チャプター・1」にすべきですけど。つまり第一章という事。「 IT チャプター・2」が2019年に公開予定なんです。

作は日本でも人気のビデオ作品だったので " IT " は前後編から成る事は周知の事実。隠す必要はないのにね。

ITの第二章(現代編)が1990年設定だったので…第一章(少年時代編)の設定は1960年になっていました。

作の第一章(少年時代編)は1988年ですね。昨年の訪米で思ったけど…空前の1980年代ブームのアメリカ。

作もかなり忠実に1988年を再現しています。

だオイラがちょっと気になっているのが…この" IT "そっくりなテレビシリーズが Netflix で公開されていること。

imageれが「ストレンジャー・シングス 未知の世界」。これがまぁ…かなり" IT" の新作に似ているのよね。

かも主要キャストも被っているし。

トレンジャー・シングス 未知の世界」の時代設定は1983年。

ちらも1980年代の再現度が高くて驚く。アメリカの底力だよね。後者の「ストレンジャー・シングス」はオイラが米国に留学していた時代と合致するので…かなりハマってます。

ラー映画の巨匠 ジョン・カーペンターを思わせる、80年代のシンセサイザーサウンドのBGM がまたヤバいのよね。80年代SF映画の王道ですね。そんなワケで今の所、軍配は後者に上がっているのですが…

ura1300000 at 16:43|PermalinkComments(0)